小学生が大きな太棹を操るには?

今月も新しい生徒さんをお迎えしました。そのうち一人は、神戸教室に入会した、小学4年生のジュニアです。

スポーツは小さな頃からやってきたそうですが、三味線は持つのも触るのも初めて。先月見学に来て即入会を決め、有料のレンタル三味線を事前に用意して、初レッスンに臨みました。

4年生なので、太棹を楽に構えるには、もう少し身長がほしいところ。

撥で音を出すことに集中すると、だんだん棹が傾いて・・・棹が重ーく感じてしまい、左腕全体がめちゃめちゃ疲れちゃうんです。

これは、子どもに限らず、大人でも一緒。

コツを掴んで慣れれば、三味線って全然重くないのに、こんな初歩的な段階で「三味線は重い、たいへん」って思って挫折してしまう人が、実は多いんです。

すごーくもったいないっ!

コツは、【三味線を構えるバランス(棹の角度)】です。

三味線を構えるフォームが整うと、棹の重さなんてほとんど感じなくなるんです。子どもの場合は、三味線の棹を少し立たせ気味に構えると、バランスが取りやすいですよ。

体の成長と共に、三味線の構え方も変化していきますので、ぜひ、いろいろと試して、今の自分の体型に一番合う角度を見つけ出してくださいね!


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフとして、WEB広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

体験レッスン生募集中

毎月、空きレッスン枠で津軽三味線の体験レッスンを開催しています。※ジュニア枠限定枠

津軽三味線をプロから学び、自慢できる特技を身につけたい方を募集中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です