グループレッスンでも「津軽じょんがら節」を極めていきたい

倭奏(わかな)には、3つのグループレッスンがあります。

グループレッスンでは、どんな習い事でも同じだと思いますが、先生が直接指導できる時間が本当に限られるため、生徒さんたちが上達するペースは本当にゆるやか。

そんな状況でも、開講から7年目を迎える2つのグループレッスンでは、合奏のレパートリーを増やして演奏活動も楽しむようになりました。

とはいえ、津軽三味線はもともとソリストの楽器。一人でカッコよく弾くことを、最大の目標にしなければいけません。

ちた塾のグループレッスンでも、今期から初の試み、津軽じょんがら節の研究タイムを設けることにしました。

譜面を渡し、個々に覚えなんとか弾けるようになってきてるものの、指使いやフレーズを間違えて覚えていたり、テンポが乱れているなど、生徒さん自身で気づけない部分を、掘り下げてレッスンしていく時間です。

とにかく、生徒さんたちは真剣です。

先生が指摘するポイントを、前のめりで聞いている生徒さんたちを見ると、嬉しくなっちゃいます。

グループレッスンでこういう時間をとれるようになったのも、生徒さんたちが、何年も継続して受講してくれてることや、「じょんがら節をかっこよく弾けるようになりたい」という願望を生徒さん自身が抱いているからこそ。

後輩のみなさんも、早く先輩たちに追いつけるよう頑張ってくださいね!

体験レッスン生募集中

津軽三味線のプロに学ぶ本格レッスンをお試し。真剣に趣味を楽しみたい方、ぜひご検討ください。ジュニア(小学生以上の学生)歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。