新たな刺激でモチベーションを上げてしまおう!

またまた、生徒さんが新しい撥にグレードアップしました!

今回も、選抜チーム「風乱部」メンバーとして頑張ってる生徒さんです。

これまで使っていた撥を見てみると、かなり撥先が欠けていて、スカ撥しちゃうことが気になっていたそう。

そして、前回新しい撥を購入した生徒さんたちと同様、撥のグレードを上げる時期が来たと、先生も背中を押しました。

もともと、小さなからだとは対照的に、パンチのある音を出せる生徒さんなので、技術的にはもっと早く変えていても良さそうですが、タイミングは今でした。

昨年5月、青森の金木大会で個人戦デビューし、その後、テープ審査や11月の滋賀大会の出場経験を通して、

  • 津軽じょんがら節をひとりで弾くこと
  • 同じ教室のライバル生徒さんに勝ちたい気持ち

ここに意識を持てるようになり、三味線への取り組み方が、以前と少し変化してきたように感じます。

そんな今が、彼女にとって新たな撥を迎える時期だったのでしょう。

私も経験したのでわかりますが~、撥をグレードアップすると、三味線の練習をするのが、これまで以上に楽しくなります。

サクサク撥が入る、大きな音が鳴るなど、撥を新調した自分を褒めたくなるぐらいの変化を楽しんで、練習へのモチベーションをさらに上げていっちゃいましょう!

 


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフ。体験レッスンの受付、広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーですが入賞めざして大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

グループレッスン生募集中

桑名教室では、シニア世代の生徒さんたちが、レッスンを楽しんでいます。

「奏(かなで)」として演奏活動も充実させている彼らと一緒に津軽三味線を楽しみませんか?

まずは見学に来てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です