津軽三味線を弾きながら曲を覚えていくのも、ひとつの方法です

神戸下見、京都レッスンの翌日は、そのまま京都で青森大会のための練習会でした。先生もそのまま京都に残っていたので、急遽指導に当たることに。

私も含め、生徒だけで練習を長時間してると、とにかく練習、練習、練習!と意気込んじゃうんですが、先生が入ると違いますね~。所々、息抜きを上手くいれてくださいます。

息抜きの時間、先生は生徒さんに「こんな風に弾こう」と弾いて見せ、その後すぐ一緒に弾くというのを繰り返しました。

もともと生徒さんも覚えてる曲ですが、構成を大幅に変えたり、組み合わせたりしてるので、難易度は高いかもしれません。

もちろん、譜面なんてありません。その場で先生が弾いてるのを見て覚え、弾いてみる。の繰り返しでした。

「譜面がないと不安」と言う人は、こういう【見て覚える】のが苦手な人が多いです。

でも、これができると曲を覚えるのも早いし、譜面を見る動作がない分、ピッチや表現力にも意識が向き、他の人の演奏もよく聞きとれるようになると思います。

津軽三味線はもともと、譜面なんて使わない楽器でした。ぜひそこを理解して、「演奏を見て覚える」癖をつけていきましょう。


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフとして、WEB広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

メルマガで最新情報をお届けします!

教室メルマガでは、レッスン枠の欠員情報や体験レッスンの募集など、メールで一足お先にお知らせしています。

欠員情報を確実に受け取りたい方は、どうぞご利用ください。購読は、もちろん無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です