【大会レポ】少年少女の部、強豪揃いの中での3位入賞でした!

先日、倭奏の生徒さんたちが奮闘した全国津軽三味線コンクール大阪大会の模様を、シリーズで紹介していきます。

まずは、このブログで何度も紹介してる神戸ジュニアの眞田優太君です。

2016年から、小学生の部で優勝を続け、勢いに乗ってる彼ですが、この大阪大会への挑戦には、特別な想いがありました。

「2年前のリベンジ」です。

2年前の大阪大会の頃は、まだ倭奏の生徒ではなく、津軽三味線の曲弾きは独学で、大会にチャレンジしていたんです。

その時の大会で、周りの出場者の成長ぶりにビックリし、独学で上手くなることへの限界を感じ、松永先生の門を叩くきっかけとなりました。

当時、お母様とのやり取りの中で「本気で上手くなりたい」「大会で入賞したい」という、親子のハンパない熱意を感じ、その当時満員だった京都教室に、無理やりレッスン枠を増やしたことが懐かしいです。

あれから2年、先生の指導やチームでの活動の中で、三味線がただ上手くなるだけじゃない、「心技体」をバランスよく鍛えてきています。

そして、自身のたゆまぬ努力の結果、倭奏に入る前から知ってる出場者たちに刺激を与えるほどの存在になったようです。

私も本番は、客席で応援してましたが、全力を出し切った演奏だったと思います。

結果は、少年少女の部3位入賞!

おめでとう!本当にハイレベルな上位争いでした!

ただ、優勝を狙っていたからこそ、3位という順位は、嬉しいながらも悔しい結果のようですが、ぜひ、いいところにも気づいて欲しい。

2年前は太刀打ちできないと思っていた子たちと、ついに肩を並べるレベルまで上がって来てること。

この2年の頑張りと成果に自信を持って、ぜひ次の戦いに挑んでもらいたいです。

さあ、生徒さんはライバルたちに次こそは勝つ!と、翌日から全力で練習し始めたそうですよ。

少しでも気を緩めたら負ける、そんな熱く激しい戦いを繰り広げ続けるジュニアたちの今後の活躍を、ぜひこれからも応援よろしくお願いします!


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフ。体験レッスンの受付、広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーですが入賞めざして大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

体験レッスン生募集中

体験レッスン生募集中!
津軽三味線のプロに学ぶ本格レッスンをお試し。
真剣に趣味を楽しみたい方、ぜひご検討ください。
ジュニア(小学生以上の学生)歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です