譜割(ふわり)とリズムをしっかり理解しよう。

譜割・符割(ふわり)って、何のことだかわかりますか?

なかなか譜面が覚えられないと嘆く生徒さんに、レッスンでよく先生が言うのが「譜割とリズムを正しく理解しなさい」なんです。

私も音楽経験は全くのゼロから津軽三味線を始めたので、始めは言葉の意味はピンと来ませんでした。調べても、辞書には載ってないんですよね~^^;

名古屋 津軽三味線 教室

でも、譜割とリズムはとても重要!

正しく理解していないと、新しい曲を覚えていくのにすごくストレスを感じてしまいますので、習い始めに確実に押さえておきましょう。

譜割とは、小節にある音符の振り分け

譜割とは、各小節にある音符の振り分けのことで、音符(4分音符・8分音符・16分音符)によってリズムが変化してきます。譜面に書かれたフレーズは、どんなリズムで弾けばいいのかを考え、弾いてみましょう。

重要なのは、音の長さを理解すること。譜面は4分音符なのに、8分音符や16分音符で弾いてしまってはいけません。その逆もダメです。

生徒さんで特に苦戦するのが、4分音符でずっと弾いてきて、突然16分音符が出てきたとき。16分音符のフレーズだけ、音符を無視してゆっくり弾いてしまうことが多いので、注意してくださいね。

もし、先生のデモ音源があるなら、デモ音源を聴きながら、ペンで音を出しながら譜面を追っていくと、確認しやすいと思いますよ^^

それでもわからない!難しい!><

そんな人は、先生にみっちり時間をかけて教えてもらってくださいね。

編集スタッフ:松永奈美


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフとして、WEB広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

体験レッスン生募集中

毎月、空きレッスン枠で津軽三味線の体験レッスンを開催しています。※ジュニア枠限定枠あり

津軽三味線をプロから学び、簡単に真似できない特技を身につけたい方を募集中です!

譜割(ふわり)とリズムをしっかり理解しよう。” に対して 2 件のコメントがあります

  1. リリー より:

    コメント残せるようになったかなー?!

    私は音楽経験があって、楽譜を読むのに苦労したことはあまりないんだけど、だんなは読めなくて苦労してたー。でも、結局は音楽って耳で聞いて覚えることが多いから(というか、その方が効率的なことが多い)、楽譜は読めなくても必須じゃないんだよね?教室の方針によるかな?

    うちのサークルで、ちょっと前に帰国した子が楽譜が全く(ほぼ?!)読めなくて、音源死ぬほど聞いて覚えてる子がいたわー。それでもいいんだけど、さすがにスクイとハジキとかは、覚えるの苦労してた記憶がー。

    まー、楽譜、読めるに越したことはないよねー。

    1. wakana より:

      早速ありがとう~!
      ここは特に設定してないから大丈夫よ~^^

      スクイやハジキは、音源聞いただけでは判断できないことも多いから、始めは面倒でも譜面を読んで正しく覚えるのが、先生の指導方針です。

      でも、絶対ではなくて。
      結果オーライなら、いいって感じかな^^

      私自身は譜面が大の苦手なので、、、
      早く譜面を見なくてもいいように、頑張って覚えることにしてるけどね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です