【Road to 発表会】指摘するって、実は「思いやり」なんだと思う

今週15日は、お盆休み真っ只中というのに、名古屋の個人レッスン生グループ「凜紅(りんく)」の練習会でした~。来年4月の発表会で演奏する課題曲「疾風烈火」のためだけの第1回練習会です。

凜紅は、私を含め11名が在籍、倭奏津軽三味線教室としては今年最も人数が多いグループになりました。

今年からの参加メンバーも、先生から太鼓判をもらい、先輩たちと一緒に発表会の課題曲に取り組んでいます。

個性豊かなメンバー、レベルもまちまち、人数が多い・・・そんなグループが、どういう練習メニューをこなしたら、どういう風に伝えていったら成長していけるのか。去年の部長就任から試行錯誤の連続でした。

それが最近なんだか、急に、グループの士気が高まってきてるのを感じるんです!^^

練習会の前に予め連絡しておいた当日の練習メニューやタイムスケジュールを、早く到着した人がホワイトボードに書き出してくれて、椅子も人数分セッティングされてます。

練習に入ると、「ここができてないよ」という指摘が、メンバー同士でできるようになりました。これが私は一番嬉しい。

指摘するのって、相手に対する「思いやり」だと思うんです。

もし、気づいてないなら教えてあげなきゃ。という気持ち、同時に勇気の要ることだと思います。チームメイトとしての責任感もあるでしょう。

みんなで同じように情報共有できたら、絶対合奏が揃ってくるし、音があったときの気持ちよさを、みんなで感じることができる。そのために、愛情持って指摘し合うんです。

それが、このグループでみんなが互いに意識して行動できる関係ができてきたことが、私は嬉しくてたまりません。きっと、これからもっともっと、いいグループになると思います^^

さて、この日の練習会では、合奏練習に入る前に「正しいピッチ」の確認から始めました。

音の正確さにシビアになることは、曲を弾く上でとても重要だし、聴いてくれる人のことを思えば当たり前のこと。

そして、指の押さえ方もみんなが同じ解釈で覚えてるかも確認して、徹底的に課題曲を弾く上での基盤づくりを頑張りました。

17時から4時間、途中休憩は1回10分だけ。

それだけ熱く真剣に練習した甲斐あって、練習最後の一発勝負の合奏では、前回より大幅に精度が上がった演奏になりました。

それでもまだまだ、良くしなきゃいけない部分はいっぱいあります。コツコツ地道に、みんなで取り組んでいきたいと思います。

たとえ大所帯で合奏が難しくても、課題曲がみんなの中で一番難しくても、本番で一番カッコイイ演奏しようぜ!!!と思うのが凜紅のいいところ。

これからもどんどん、伸ばしていきたいと思います^^



\LINE@はじめました!/
↓クリックでQRコードへ
友だち追加
またはID検索【@wyf0770y】で!

編集スタッフ:松永奈美
アラフォー教室スタッフ。体験レッスンの受付、広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
亀並みの歩みながら大会入賞めざして絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸、東京(不定期)で開講中!

体験レッスン生募集中

体験レッスン生募集中!
津軽三味線のプロに学ぶ本格レッスンをお試し。
真剣に趣味を楽しみたい方、ぜひご検討ください。
ジュニア(小学生以上の学生)歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です