【風乱部】初心を忘れない、意識を持ち続ける大切さを改めて学んだ日

週末は、選抜チーム「風乱部」の大会にむけた練習会、5月から実に3ヶ月ぶり、今回も京都に集まりました。

冒頭はミーティングから行ったんですが、風乱部の指揮を取る先生からの一発目の質問に、手が上がったのは6人中2人だけ。

私を含め手が上がらなかった人は、完全に準備不足ですね~^^;

前回の練習から3ヶ月空いて、意識が薄れたわけではないはずなのに、風乱部の準備を持続させる部分に、どこか気の緩みが出てしまっていたのだと思います。

発表会や地元グループの活動などの忙しさとか、言い訳になりませんね。

曲の練習は当たり前の上で、足りなかったのは意識の部分。先生はそれを、最初のミーティングで取り戻してくれました。

タイトな練習時間の中、今回も徹底的にしごいていただき、最後にはなんとか、前回より一歩進んだ演奏に仕上がったように感じました。

でも、まだまだ、もっともっと上がらなければなりません!大会に向けて、しっかり頭も使いながら準備していきたいと思います。

頑張るぞーーーー^^

体験レッスン生募集中

津軽三味線のプロに学ぶ本格レッスンをお試し。真剣に趣味を楽しみたい方、ぜひご検討ください。ジュニア(小学生以上の学生)歓迎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。