今度は朝日新聞に掲載されました!

2017/3/15付けの朝日新聞に、京都教室の小学5年の生徒さんが掲載されました!

2月の神戸新聞掲載に続き、今回で2紙目の掲載となり、本当にありがたいです。生徒さんのこれまでの頑張りを、地元兵庫県のみなさんに、ぜひ知っていただけたら嬉しいです。

今回、朝日新聞の記者さんから、取材の依頼の電話をいただいたのは2月下旬のことです。神戸新聞掲載後は、学校でも地域でも話題になったようなので、もしかしたら、その余波でお電話をいただいたのかもしれません。

取材日もすぐ決まり、早速朝日新聞へ。

生徒さんも、2回目の取材とあってすこし慣れた雰囲気だったようですね。

神戸新聞では、大会のときの勝負服「KUNI-KEN Tシャツ」、今回の朝日新聞では教室の「倭奏Tシャツ」で取材に挑んでくれてたそうです。

実は、朝日新聞での取材後、記者さんから先生へお電話をいただいたんです。「津軽三味線のことを詳しく教えてほしい」とのことでした。

そもそも、津軽三味線を知らない人からすれば、「曲弾きって何?」って話なんですよね。インターネットでこの教室のサイトも探し、先生のことも調べて、わからないことをとことん、質問くださいました。先生も、記者さんがここまで関心を持ってくださったことがとても嬉しかったそうです。

先生からの情報収集の後、「今度は自宅で練習する様子を見たい」と、記者さんから再度取材の申し出があり、大会で演奏する津軽じょんがら節の演奏も、生で聴いていただけました。

小学生がここまで魅力を感じて頑張ってる津軽三味線について、とことん知ってから記事にしたいという、記者さんの熱い情熱を、電話からも記事からも感じました。

こんな熱いやり取りのあった記事が、今日ついに掲載!

朝日新聞デジタルでは、会員登録すると記事が読めるようです。会員の方はぜひ読んでくださーい。


▼朝日新聞デジタル
兵庫)津軽三味線に魅せられ 神戸の小5、3度目V狙う
南有紀 2017年3月15日03時00分

 

そして5月、生徒さんの演奏を神戸で聴けるチャンス!

神戸で開催されるイベントに、今回掲載された生徒さんが出演することになりました。東海からも選抜メンバーの風乱部がサポートで参加する予定です。ぜひ、生演奏を聴きにきてくださいね。詳細は追ってお知らせします!


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフとして、WEB広報を担当。時々アシスタントとしてレッスンに同行することも。
アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>教室に関するお問合せ、演奏のご依頼はこちらへ

◆入会金は不要、名取・師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、東海、桑名、四日市、京都・北大路、神戸で開講中!

体験レッスン生募集中

毎月、空きレッスン枠で津軽三味線の体験レッスンを開催しています。※ジュニア枠限定枠

津軽三味線をプロから学び、自慢できる特技を身につけたい方を募集中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です