理想的な押し撥フレーズの弾き方

押し撥(おしばち)は、初心者のみなさんがとても苦戦する技法です。

2の糸を叩いた後、撥先で3の糸の音を出し、3の糸を叩く。

文字で書くと簡単そうに見えますが、コツを掴むまでは、力んだり、フレーズが流れたりして上手く弾くことができません。

松永先生のレッスンでは、入門曲の「六段」にもバッチリ入っていますし、「津軽じょんがら節」にも、2山目でたっぷり入ってます。苦手なまま避けては通れませんね。汗

いま、津軽じょんがら節を練習中の生徒さん、ハイポジションの押し撥がすごく良くなってきたそうなので、動画で紹介します。

講師コメントはこちら

もともと撥が糸に絡む音がとても良く、フレーズのパーツは、反復練習すれば表現力は素晴らしい生徒さんです。 今回の押し撥は、これまでフレーズが流れすぎて輪郭がなかったのが、反復練習で理想になってきました。 あとは、音楽的に一曲を弾き切れないことがあるので、持ち前の撥の音で、その課題をクリアしていってほしいですね!
指導 松永訓明

それでは、生徒さんの反復練習の成果をご覧ください~!(16秒)

【指導】
倭奏 津軽三味線教室
講師 松永訓明


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフ(ときどきアシスタント)
先生と同じ松永ですが、あくまで本名。アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>お問合せ

◆入会金は不要、名取制度、師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、知多・新舞子、桑名、四日市、京都・北大路で、個人レッスン・グループレッスン開講中!

メルマガで最新情報をお届けします!

教室メルマガでは、レッスン枠の欠員情報や体験レッスンの募集など、メールで一足お先にお知らせしています。

欠員情報を確実に受け取りたい方は、どうぞご利用ください。購読は、もちろん無料です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です