津軽三味線を弾くなら、譜尺シール依存からも脱出しよう。

譜尺シール、三味線の棹に貼ってありますか?

知らない人は、こういうモノです。

三味線の棹の側面に貼られた、1からの勘所を表す数字が割り当てられたシールのことなんですが、ネットで三味線を購入したり、レンタルしたり、新品の三味線を購入しても何も言わなければきっとこのシールが貼られて納品されると思います。

初心者にとっては、どこを押さえればどのツボの音が出るかわかるので、一見良さそうに見えるのですが、デメリットの方のが大きく、教室では「譜尺シール禁止」とさせてもらってます。

レンタルで届いた三味線に貼られていても、はがしま~す♪

生徒さん、初めて譜尺シールを剥がすと先生に言われた時は、「えー!」とプチパニックでしたが、今回は余裕の表情です~。この後、先生に3つだけ、修正ペンで印を打ってもらってました。

譜尺シールがないと、ツボの位置がわからないから困る!と、嘆く方が多いんですが、大丈夫、わかります^^(笑顔♪)

とはいえ、全く印ナシではいけないので、教室では、譜尺シールを使わない代わりに、4・10・14の3つのポジションにだけ印を打って位置がわかるようにしています。

この3つの位置を頼りに、他の勘所の位置を捉えるんです。(詳しくは、レッスンで先生から教えてもらってくださいね)

譜尺シールを卒業すると、正しい音を探すようになります。

これ、実は一番大きなメリットかもしれません。

譜尺シールに頼ってると、調弦が狂ってきていても3を押さえて「3の音です」って言っちゃうんです。そう、音が違うことがわからなくなるんです。そして、正しい音をいつまでたっても覚えられなくなってしまいます。

そうならないために。

譜尺シールを卒業して、それぞれの勘所の音は、どの音が正しいのかを、耳を鍛えながらトレーニングしていきましょう。

いつまでも先生や先輩に、「音外してるよ」って言われるの嫌じゃないですか。私なんて先生に「平気で音外してる!」って何度怒られたか。笑

正しい音で奏でずして、曲にはなりません。

津軽三味線を弾くなら、譜尺シール依存からも脱出しよう!

マイ三味線に譜尺シールがべったり貼りついてるあなた。さあ、不安を恐れず、思い切ってシールを剥がしちゃいましょう~♪

編集スタッフ:松永奈美


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフ(ときどきアシスタント)
先生と同じ松永ですが、あくまで本名。アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>お問合せ

◆入会金は不要、名取制度、師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、知多・新舞子、桑名、四日市、京都・北大路で、個人レッスン・グループレッスン開講中!

体験レッスン生募集中

毎月、空きレッスン枠で津軽三味線の体験レッスンを開催しています。※ジュニア枠限定枠あり

津軽三味線をプロから学び、簡単に真似できない特技を身につけたい方を募集中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です