忙しい時期の津軽三味線の練習は、量より質を大事にしよう。

津軽三味線 倭奏

仕事が忙しい時、学校行事が重なって忙しい時。三味線の練習するのが面倒だな~って思ったことありませんか?私はこれまで、何度もあります。笑

練習意欲が沸かない時は、練習しないのも手ですが、何日も三味線を触らないと、どんどん下手になってしまうので、現状維持もしくは少しずつでも上がっていきたいなら、何日も練習をサボることは避けたいところです。

そこで、練習意欲が沸かない理由を考えてみたんです。なんで「面倒くさい」って思ってしまうのか。もしかして・・・三味線を出して練習するなら、1時間以上やらないといけないとか思ってませんか?

長時間練習するのも、もちろん大事です。ただ、時間がないなら、もっと短時間で、練習目的も絞って練習するのも、ひとつの方法だと思うんです。

短時間で質を高めた練習です。

例えば、こんな方法どうでしょう^^

今日の練習は15分。
後ろ撥・前撥を、リズム良く叩き分ける練習に徹する。

たった10分だけど、
いつもスカ撥してしまうフレーズだけを重点的に練習する。

家で練習していい時間を過ぎたから、ティッシュを挟んで消音して・・・音澄みでフレーズを弾く時の右手のバランス感覚を確認したり、左手でしっかり音締めしながらツボ移動する練習をやる。

たった10分や15分でもじっくり取り組める練習メニューを作れば、指も慣らせるし、短時間でも一歩前進できる。1時間以上練習しようと思えば、時間を作るのが忙しくなるかもしれないけど、たった15分なら、絶対作れるはずです^^

面倒くさい気持ちを引きずっていくと、どんどん練習が後回しになるので要注意!

忙しい時期の津軽三味線の練習は、短時間で質の高いメニューに取り組んで、練習を継続することに重点を置こう。

これを習慣にできたら・・・数日でもサボっちゃったら焦りますよ~。


編集スタッフ:松永奈美
倭奏津軽三味線教室スタッフ(ときどきアシスタント)
先生と同じ松永ですが、あくまで本名。アラフォーながらあらゆる大会に絶賛チャレンジ中。

プロに学ぶ曲弾きレッスン
倭奏(わかな)津軽三味線教室
主宰・講師・津軽三味線奏者:松永訓明

>津軽三味線の体験レッスンを受けてみよう!
>レッスンメニュー
>講師プロフィール
>お問合せ

◆入会金は不要、名取制度、師範制度などはありません。
◆名古屋・本陣、東別院、知多・新舞子、桑名、四日市、京都・北大路で、個人レッスン・グループレッスン開講中!

体験レッスン生募集中

毎月、空きレッスン枠で津軽三味線の体験レッスンを開催しています。※ジュニア枠限定枠あり

津軽三味線をプロから学び、簡単に真似できない特技を身につけたい方を募集中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です